お電話での注文 0120-113-163 (平日 9:00〜17:00)

金属アレルギーとは?

何だろう?

ピアスホールアドバイザーの
金属アレルギーについて

  1. 金属アレルギーとは?(もしかして…金属アレルギー?!)
  2. どうして金属アレルギーになるの?
  3. 金属アレルギーの対処法は?
  4. 金属アレルギーに安心な素材はなに?(素材を教えて!)
  5. 一般に販売されている「チタン」と「ピュアチタン」の違い。

①金属アレルギーとは?(もしかして…金属アレルギー?!)

お気入りのピアスをつけたら、
ピアスホールが赤くはれて、痒くなった・・・。

今まで、普通に付けれていたピアスが、
なぜだか最近は、数時間つけただけで、じゅくじゅくする。

体調の悪い日には、ピアスホールの状態が悪い。

ピアスを開けて、しばらくたつのに、いつまでたってもピアスホールが落ち着かない。
そんな、状態ではありませんか?

・・・そうなんです!

皆さんが日ごろ感じている、この症状。

それ、まさに「金属アレルギー」の症状なんです。

②どうして金属アレルギーになるの?

金属アレルギーは、普段お肌につけているピアスやアクセサリーの金属部分から、汗などで溶けだした金属イオンが体内に入り込むことにより、起こります。

体が、その金属イオンを異物と判断した結果、その拒否反応として、お肌がかぶれたり炎症がおこるのです。

この金属アレルギー、ピアスでお洒落を楽しみたいなでしこさんにとっては、大敵!
一度なってしまったら治らない、なかなかやっかいな症状なのです(^^;

③金属アレルギーの対処法は?

金属アレルギーの症状は、人によってさまざまで、反応が出る金属も、人によって異なります。

ひとつの、特定の金属にだけ、アレルギー症状が起こる方もいれば、複数の金属にもアレルギー症状が起こるという場合もあります。

また、ネックレスや指輪は大丈夫!という方でも、ピアスだと、かゆい、破れるというのは、ピアスホールは皮膚が薄く、またお肌に直接つけるためアレルギー症状が出やすいことが考えられます。

「初めのうちは、なんとなく痒い気がする…。でも、ちょっとはずしたらおさまったから大丈夫!」と症状が軽いからと簡単に考えないで、「あれれ…?」と思ったら症状が軽いうちに対処しましょう。

アレルギー症状が出てしまったら、症状が出てしまう金属をお肌につけないことが最も重要です。金属アレルギーは、アレルギー症状が起こる金属を身につけていると、徐々に症状が悪化していくので、気付いたら早めに対応してあげましょう。

④金属アレルギーに安心な素材はなに?(素材を教えて!)

「金属アレルギーの症状があるのだけれど、何を付けたら大丈夫なの…?」

「一体どんなピアスを選んだら安心なの…?」

最近では、素材を明記しているアクセサリー店も増えてはきましたし、アレルギーの主な原因となっている、ニッケルをピアスフックに使わないように配慮されるようになってきました。

でも、実際に探して使ってみると、自分には合わないことがよくあるのではないでしょうか…?

アクセサリー店の店員さんに聞いてみると、

  • 「18Kなら大丈夫だと思います…。」
  • 「ステンレスなら、大丈夫らしいです…。」
  • 「シルバーだと、たぶん少ないって聞きますが。」
  • 「チタンって書いてあるので、これなら…。」
といった曖昧な答えがかえって来ることしばしば。

アクセサリー店の店員さんは、金属アレルギーのプロではないので、金属アレルギーについての正しい知識があるわけではありません。自分のお店の中にあるピアスの中から、「これだと、比較的アレルギーが出ないって聞いてる…」というものをお勧めしているのが現状です。

アレルギーにならない素材を選ぶには、素材に何の金属が含まれているのかを、しっかり知ることが大前提なのですが、これもアクセサリー店の店員さんに聞いてみると、

「18Kって書いてあるから18Kです。」
「18Kの素材の中身まで、詳しく聞かれても分かりません…。」
という答えが返ってきてしまいます。
(※18K イエローゴールドは、主に金75%+銀12.5%+銅12.5%でできています。)
これでは、安心して自分の付けられるピアスを選ぶことが出来なくなってしまいます。

また、販売されているアクセサリー店によって、同じ金属素材でも含まれている素材や配合比率が違っていたりすることもあります。

ノンアレルギーやアレルギーフリーと書かれていても、実際には自分の肌には合わないということもあります。

これは、金属アレルギー歴11年の「なでしこスタイル」店長金野が、実際に、自分の金属アレルギーでのピアス選びを通して実感してきたことです。

そこで、私のピアスホールを開けて頂いた、「お医者様の助言」を元にアクセサリー店や、ネット通販といった数々のお店で購入した、いろいろなピアスを試してみましたが、

金属アレルギーをもつ店主の私が、一番安心な素材としておすすめしているのが「ピュアチタン」です。金属アレルギーには、個人差がありますが、現在、最もお肌にやさしい金属で、最もアレルギーになりにくい素材が、チタンの中でも最も純度が高い「ピュアチタン」です。

「ピュアチタン」はアレルギーの原因となる金属が、汗で溶けだす心配が最も少ないため、最もアレルギーになりにくいのです。

なでしこスタイルのピアス(フック、ポスト、キャッチ部分)には、国内の品質の高い工場で製造された「ピュアチタン」が使われています。

  • セカンドピアスのホールがいつまでたっても落ち着かない方
  • 今つけているピアスが、痒い、じゅくじゅくする、腫れる、赤くなる方
  • 市販のチタンピアス、チタンポストと表示されているピアスで痒い方
  • 金メッキ製品、銀メッキ製品でピアスホールの調子が悪い方
  • 10K、14K、18Kの金製品のピアスでピアスホールが痒い方
  • シルバー製品でピアスホールの調子が悪い方
  • プラチナ製品でピアスホールの調子が悪い方
  • 樹脂ピアスを使っているのに、ピアスホールの状態がよくならない方

ぜひ「ピュアチタン」を試してみてください!!

金属アレルギー歴11年のなでしこスタイル店長の金野も、メッキ・10金・14金・18金・シルバーと沢山の金属アレルギーを持っていますが、「ピュアチタン」ピアスに出会って快適に毎日ピアスを楽しんでいます^^

⑤一般に販売されている「チタン」と「ピュアチタン」の違い。

アクセサリーショップや雑貨店などで「チタンポスト」と表示されたピアスが販売されていますが、この「チタン」ポストでもアレルギー症状が出てしまう!という声を良く耳にします。

「チタンは、アレルギーになりにくいはずなのに、どうして?!」と思っちゃいますよね。一般に販売されている「チタン」素材は、純度の高いものから、純度の低いもの(チタン合金)、また、他の金属の表面にチタンめっき加工をしてあるものなど、さまざまな種類が販売されています。

これらは、アクセサリーに使われる際には、ノンアレルギー素材とかアレルギーフリー素材として販売されていますが、「純度の低いチタン」は、その混ぜ物の中に含まれている金属からのアレルギーが心配されますし、

また、「チタンめっき」の素材では、めっきがはがれた際に、地金部分からのアレルギーが心配されます。

今まで、市販の「チタンポスト」と表示されているピアスで痒くなった方は、自分にチタン素材が合わないという理由ではなく、こういった理由からかもしれません。

それに対して、「ピュアチタン」は、チタンの中でも、チタン純度99.5%以上と最も純度が高く、アレルギーの原因となる金属が、汗で溶けだす心配が最も少ないため、最もアレルギーになりにくい素材なのです。

金属アレルギーには個人差がありますが、「ピュアチタン」は、現在、金属アレルギーに悩んでいるなでしこさんに、ぜひ試していただきたい素材です。

なでしこスタイルのピアス(フック、ポスト、キャッチ部分)には、国内の品質の高い工場で製造された「ピュアチタン」が使われています。