お肌に合わない時は10日間返金保証付・5,000円で送料無料

ピアスのお悩み解決Q&A-金属アレルギー編

Q-2,金属アレルギーになりやすい金属はなに?

A.金属アレルギーになりやすい金属は下の表のような順番で、一番アレルギーを起こしやすい金属はニッケルです。 これは、前に書いた汗に溶け出しやすい金属の順番とほぼ一緒です。
  • 1、ニッケル
  • 2、コバルト
  • 3、スズ
  • 4、パラジウム
  • 5、クロム
  • 6、銅
  • 7、プラチナ
  • 8、亜鉛
  • 9、金
  • 10、チタン
これに対して、プラチナやゴールドは金属アレルギーになりずらい素材と言われていますが、 日常使われる金属で100%の素材のものはほとんどありません。
必ず、別の素材が混ぜられていますが、これは素材を扱いやすくするためです。
純度の高い金属は柔らかいことが多いので、他の金属を混ぜて固くしてあげるのです。

このため、その主な素材では金属アレルギー症状が出ないにもかかわらず、混ぜ物の金属が原因で 金属アレルギーの症状を引き起こす場合があります。
また、最近では金属アレルギーに安心だと言われていた24金でも金属アレルギーの症状を発症する方も増えているようです。

次の質問はこちら>>
「メッキのアクセサリーと金属アレルギー」




出来たばかりのピアスホールは、
まるで赤ちゃんのお肌のように薄くて柔らか
将来のおしゃれのために、この時期は
ピアスホールを大切に育ててあげましょう♪